夢の一戸建て住宅! どんな基準で決める?

一戸建て住宅のメリットとデメリット

一戸建て住宅のメリットとデメリットはどんなものがあるのでしょうか。メリットの方は、ローンを支払い終えることで完全に自分のものになる家を所持することができます。賃貸だと家賃を支払い続けても、結局は自分のものになりません。しかし、住宅購入をすることでローン終了と同時に「家に住むためのお金」を支払う必要がなくなります。

他にも土地購入から家を建てる場合は、自分の好きなように建てられる自由さがあります。賃貸では決して味わえないものなので、メリットとして大きいでしょう。欧風の家、純和風の家、自分の好みに合わせて建てられるのは住宅購入者のみの特権と言っても過言ではありません。

逆にデメリットは「ローン=借金」となってしまうことです。ローンを支払えなくなったら、容赦なく家を失ってしまうリスクがあるので、常にそういった感覚でいなくてはいけないので人によっては大きなストレスと感じる場合があるかもしれません。他には簡単に引っ越しが出来なくなる点もデメリットです。例えば近所づきあいが上手くいかない、気になる点があったとしても購入してしまった以上、簡単にその土地を離れることができなくなります。これは重要視しない人も多いのですが、何らかのトラブルに見舞われた時、大きなデメリットに感じることもあります。