夢の一戸建て住宅! どんな基準で決める?

一戸建て住宅は何歳から考えるべき?

一戸建て住宅を購入する場合、何歳から考えるべきだと思いますか? 近年は50代以降の購入も珍しくはありません。仕事が転勤族だった場合、どうしても一戸建て住宅の購入が難しいからです。そのため、ある程度転勤が落ち着いた年代になってから購入する人が増えています。

しかし、転勤族と関係がない場合は何歳から一戸建て住宅を検討すべきなのでしょうか。基本的に「この年代になったら考えないといけない」という年齢はありません。それぞれ考えるのは自由だからです。ただ、将来的に一戸建て住宅の検討をしているのであれば、30代から本格的に計画を立てた方がいいでしょう。その理由として、資金的にある程度の余裕が出てくるのが30代だからです。

すべての人が同じというわけではありませんが、若い世代の時に一戸建て住宅購入を検討してしまうと自分たちの生活に見合わない住宅の選び方をしてしまう可能性があります。しかし、ある程度年齢を重ねることで自分たちの生活以上の住宅を望む人は少なくなります。他にも、30代になれば貯蓄がしっかりできている人もいるので、家賃を支払い続けるよりはいずれ自分の所有物になる一戸建て住宅を買った方が得だと考える人もいます。

現実的に考えて、30代になってからの方が勤務歴もしっかり重ねることができるので、住宅ローンを申請する際に有利になります。勤務歴数年の場合と十数年では重ねてきた信用も違うからです。一戸建て住宅を購入する場合、住宅ローンを利用することになるので、信用を重ねる意味でも急いでマイホーム購入を考えないようにしましょう。


★ マイホーム関連 参考リンク ★
万が一マイホーム購入後に売りたいと思うようなことがあれば、まずは不動産査定を依頼してみましょう。売却で失敗をしないためにも、事前の不動産査定は重要です ⇒ 不動産査定